留学して自分も世界も変えよう

多くの人が使う主な言葉の留学とは、自分の国以外に出向き、その国の人や言語や文化、技術などに実際にふれあうことによってそれを自分の知識として身につけることを言っています。

最近では他国に限らず、自国においても自分の置かれた地域や職種ではない技術や人間関係などに身をおき、学ぶことを言う場合があります。また自身の知識向上だけではなく、政治的・経済的にもお互いの国を行き来し、文化交流、人間交流することによって自国にはない技術や制度を取り入れ、発展していくために必要とされています。

海外へは短期・長期で行くことが出来ますが、どこまでが短期かなどの明確な決まりはありません。たいてい3ヶ月以上滞在する場合が長期にあたります。国によって滞在するのに語学技術を学ぶために学校に入り長期に渡り学ぶ場合は学生ビザが必要になります。また規則に反するとビザの取り消しが行われることがあり、ビザが無い場合やビザの期限が過ぎた場合などはその国に留まることが出来なくなります。

日本は昔から主に他国から様々なことを学ぶことによって発展してきたといっても過言ではありません。歴史的な面から見ると遣唐使や遣隋使は中国への代表例で、その他には明治維新のころのアメリカやヨーロッパなどへの留学があります。現在では多くの企業や学生から留学をする人が増えています。優秀な人材を育成するために、また安全な留学をするために国や企業から様々な制度や資金援助などがされるようにもなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *