留学をして見聞を広めよう

国内にいても、メディアやインターネットなどを通じて海外の情報を入手できる世の中になりました。

そのため、特に外にでなくても自宅にいながら海外の情勢や自然、またその他にもさまざまな出来事を知ることができます。ですが、自分が直接みた情報とも違うため、いまいちイメージがわかないこともあります。現地でその土地で暮らす人々と直接会話して、また一緒に食事をしたり、その土地の文化に触れることも自分の見聞を広げることになるでしょう。旅行という形でもいいでしょう。ですが、学生の場合には、留学という手段があります。

留学をして、直接現地でさまざまなことを学び、知り、現地で暮らす人々と交流することができます。もちろん、日本語が通じないことでコミュニケーションに不安を感じる方もいるでしょう。ある程度、留学前に言語を勉強しある程度会話が成立するようにすることも大切ですが、現地で、相手とコミュニケーションをとる場合には、相手と通じ合うために身振り手振りなども重要です。

言葉があまり通じない状態でも、自分の表情、相手の表情、しぐさなどでうまくコミュニケーションを成立させることが大切です。知らない土地、知らない人々、知らない言葉など知らないことだらけの場所で、今まで経験したことのない体験をすることにもなるでしょう。苦労することもあるでしょうが、得るものもまた多くあるはずです。海外に興味がある場合には、留学をすることを考えてみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *