留学を無駄な経験にしないためには

英語をどれだけ勉強しても、日本の教育上、文法や長文読解ばかりが身につくばかりです。

ライティングとリーディングに力を入れているため、スピーキングである英会話は取得することが難しくなっています。英語を話す方法が分からないままとなり、コミュニケーションは取ることができないでしょう。また、日本にいる限り、英語を話す必要性がないことから、無理して話す練習をしようとは思えません。

そこで、留学し、自分を追い込むことがオススメです。留学することで海外で一定期間生活することになり、英語を話せなければ生活できない状況に自分を追い込むことができます。無理してでも英語を話さなければならないため、コミュニケーションに必要な能力が身につくでしょう。

この状況を逆に利用すれば、英語を話せるようになります。コミュニケーションを取る際、文法は一旦忘れ、知っている単語や簡単な決まり文句、それに加えてジェスチャーを振る舞えば伝えたいことは伝わります。難しいことは何一つないので、不安になることなくコミュニケーションを取ると良いでしょう。回数をこなせば自然に話せるレベルになるので、どんどん留学先の人に声をかけ、コミュニケーションを取るようにすると良いです。

このコミュニケーションを取らなければ、何の経験にもならない留学となるので注意です。英会話できるようになることがゴールなので、積極的に英語を話すようにしなければなりません。このとき、恥ずかしいと思う必要なないので、気にせずに英会話を楽しみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *