アメリカの留学ビザの取得申請が却下される主な理由

現在アメリカでは、留学ビザを与える際の審査は書類審査と面接による審査の2段階によって行われます。

このため、留学ビザの取得要件を満たしてビザの申請を行った人の中には、面接で失敗してしまって申請が却下されてしまうケースもあります。留学ビザの申請が却下される理由としてよく挙げられるのは、就学終了後に本国に帰国する意思が明確ではないという理由です。ビザは目的が達成された後に帰国することを前提に発行されるものであるため、申請理由にこの点において少しでも疑いがあれば却下される可能性があります。

ビザ申請に通るためには、日本ではなくアメリカで学ばなければならない理由や、滞在中の学業に関する計画、日本に帰国後アメリカで学んだことをどのようにいかす予定なのかなどを明確にしておく必要があるでしょう。また、本国に帰国する意思が明確であっても、アメリカとの結びつきが強い場合も却下される可能性があります。例えば、家族や親戚の中にアメリカに住んでいる者がおり、入国後の滞在先をその家族や親戚が住んでいる所にして申請すると、将来アメリカに定着する可能性があると判断されてしまい、ビザの申請は却下されてしまいます。

また、直近に観光等の別の目的でアメリカに滞在した経験があったり、入学先の学校の授業料があまりにも格安な学校だったりすると、留学以外の別の目的で滞在するのではないかと審査官に判断されて、申請が却下されることがあります。申請が却下されるケースにはこの他にも、残高証明書に記載されている金額が滞在目的に見合っていない場合や、日本で職に就いていた期間が短い場合、滞在目的に即した学歴や職務経歴をもっていない場合などが挙げられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *