留学に有効な資格と方法について

短期留学や現地の専門学校に通う場合には、英語の資格もそれほど必要がなくビザの許可が通る可能性があります。

例えば日本の英語検定能力試験の結果も海外の学校が英語能力を認めている場合があり簡単な留学であれば可能です。また、日本人のパスポートは現地滞在が3ヶ月できる国が多くビザ自体必要がない場合もあります。しかし、海外の大学や大学院に留学して、現地の資格を取得したい場合には、その国が正式に認める認定基準に達していないと入学が認められません。アメリカやカナダに留学する場合には、GRE、IELTS、GMATなどの高スコアが必要です。

国や希望する大学により必要なテストの種類やスコアが異なります。そのうえ、その資格基準も変更されることも度々あるため、必ず確認が必要です。これらのテストの特徴は、英語の読解力や語彙認識量を確認するだけでなく、ライティング能力やスピーキング能力などとっさの判断能力が試されるものや数学の試験も英語で出題されます。数学の問題は日本人にとってかなり簡単で満点を狙うことができます。そのレベルは高校生レベルですから文系の人でもほとんどの人にとって苦になりません。スコアをクリアした後には、たいていの場合推薦状が必要となります。

その学校の卒業生が身近におられる場合には、その人に頼むことが理想ですが、会社の上司などに頼むことも可能です。もちろん間違いのない英語で書いてもらう必要があるため、人選をかなり慎重にしなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *