アメリカ留学にはデメリットもあります

アメリカ留学をすることには、語学学校が豊富にあったり、全世界から勉強したい人たちが集まってくるなどの大きなメリットがありますが、反対にデメリットもあるのが実情です。

デメリットも把握したうえで、留学先を検討するようにしましょう。アメリカ留学のデメリットして、学生ビザでしか留学できないためアルバイトができないことが挙げられます。ほかの国を選んだ場合には、ワーキングホリデーを利用した語学留学をすることが可能です。しかしアメリカにはワーキングホリデーの制度が存在していません。

語学を取得するとなった場合には最高の環境ではあるものの、アルバイトができないということはデメリットとなるでしょう。黙ってアルバイトをしていて万が一見つかった場合には、強制的に日本に帰されることにもなり、再入国も困難になってしまいます。そのため節約と事前の準備が何よりも大切です。そして自動車がなければ移動が不便だというともデメリットとなるでしょう。

日本と比べると交通機関はそれほど充実していないので、現地の人たちは自動車を交通手段として利用しています。都心部であれば地下鉄などの交通機関があり、それほど不便を感じることはないかませんが、郊外となれば車がなければかなりの不便を生じることでしょう。そして場所によっては治安に不安があるかもしれません。アメリカは言わずと知れた銃社会であり、日常的に銃を持ち歩いている人はそれほどいませんが、自分の身近なところに銃があるのが実情です。滞在場所が治安が良いエリアであるかどうかを事前に確認する必要があるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *